キャッシングなどで借金を抱えてしまった場合、出来るだけ早く完済したいと考えるのは当然です。いつまでも借金を抱えていると、利息の総額が増えてしまうという問題がまずあります。それに、借金のことをいつも気にしなければならない生活は精神的にもよくありません。

ですのでここでは、借金を早く返す方法やその際の注意点などについて紹介します。

繰り上げ返済という方法

 
キャッシングなどの借金を早く返済し終える方法としてまず挙げられるのは「繰り上げ返済」です。繰り上げ返済は、毎月決められた支払額よりも多く返済することを指します。例えば、毎月の支払額が1万円の場合に、さらに1万円余分に返済するということです。

この繰り上げ返済は、言ってみれば、将来の支払日の返済分を前倒しするということだと言えるでしょう。そのため、前倒しされた分だけ早く完済することが出来るようになるのです。

そして繰り上げ返済には、返済期間を短く出来るだけでなく、利息の総額を減らす効果もあります。利息というのは、元金が高いほど高くなりますし、借りる期間が長いほど増えてしまいます。ですので繰り上げ返済によって元金を減らし、借りる期間を短くすることで利息の総額も減らせるのです。

繰り上げ返済はどうやって行うのかというと、通常の返済を行っているATMや振り込みにより可能です。毎月の支払額よりも多めに返済するだけで、繰り上げ返済が出来ます。また、口座引き落としの場合は繰り上げ返済が出来ないため、ATM等を利用する必要があるでしょう。

繰り上げ返済の注意点

繰り上げ返済は、返済期間を短くするために有効な方法ですが、注意しておきたいこともあります。それは、「出来るだけ早い段階で行わないと効果が薄い」ということです。借入直後などの早い段階に元金を減らしておくと、その元金にかかる利息も減らせるからです。

逆に完済が近い時期に繰り上げ返済をしても、すでに多くの利息を支払った後なので効果が薄くなります。ですので、同じ繰り上げ返済をするにしても、やるタイミングがとても重要になるのです。

毎月の支払額を増やすという方法

キャッシングの毎月の支払額は、最低これだけ支払えばOKという最低返済額というものがあります。しかしこの最低支払額が低いと、返済期間が長くなってしまいますし、利息も増えてしまいます。ですので、毎月の支払額を高くしてもらうのも、早く返済するための一つの方法のだと言えるでしょう。

ただしこの方法より、繰り上げ返済のほうが効果的に利息を減らせる場合があるため、注意が必要になります。ですので、比較的早い段階で繰り上げ返済が出来る場合は、そちらを実施したほうがよいと言えるでしょう。

どうやって支払うお金を用意したらいいか?

繰り上げ返済などをするにしても、お金に余裕がなければそれも出来ません。ですので、借金を早く返したい場合は、節約をしたり収入をアップさせることも必要になります。

節約の方法としては、交際費を減らしたり、外食を控えて自炊にしたりするといった方法があるでしょう。あるいは、賃貸で1人暮らしをしている場合であれば、実家に戻れば家賃を節約することが出来ます。このように、生活の見直しをすることで、数万円単位の節約をすることも可能でしょう。

収入のアップについては、副業が可能であればアルバイト等をやってお金を稼ぐという方法があります。もしくはパソコンを持っているのであれば、在宅で副業をすることも出来るでしょう。

ただし、収入アップといっても、ギャンブルで稼ぐのは得策ではありません。逆にお金を失ってしまい、借金を増やすことにもなりかねないため、堅実な方法を取るようにしましょう。

複数の業者から借りている場合はどうしたらいいのか?

複数の業者でキャッシングをしている場合は、早く返済が済みそうなところから完済しましょう。そして今まで支払いにあてていた分を他社の返済にあてると、より早く返済することが可能になります。

元金の残高が同じぐらいある場合は、金利が高いほうを優先すると利息の負担を減らすことが出来るでしょう。あるいは、金利の低いキャッシングにまとめるという方法も、利息の負担を減らすのに有効です。

また、どんな方法を取っても返済出来そうにないという場合は、債務整理という方法があります。債務整理とは、自己破産や任意整理のことであり、借金を減額したりゼロにすることが可能です。ただしこれらの方法を取るとブラックリストに載ってしまうため、あくまでも最終手段になるでしょう。

まとめ

借金を早く返す方法としては、「繰り上げ返済」や「毎月の支払額を増やす」という方法があります。しかし繰り上げ返済は、早い段階で行わないと効果が薄いので注意しましょう

そして繰り上げ返済などをするにはお金が必要になるため、節約や収入アップが必要になります。また複数の業者から借りている場合は、完済しやすいところから片づけていくとよいでしょう。