今回の記事では、多くの方が自らの借金をまとめるために、おまとめローンのサービスのお申し込みをして、断られるケースが多い傾向の現状全般についての記述です。

こうした事が、この日本では大変多い傾向が強いところがありますが、様々な考えられる原因や可能性などについて話した内容になっていますので、ご一読されてみる価値は、大いにあります。

フリーローンほど、ビジネス色が強い事

この見出し名にもあるように、フリーローンの仕様であるキャッシング・サービスの商品ほど、貸付金利が高く、その代わり借入限度額が低めであり、ビジネス色が強いようなところがあります。

こうした実態のあり方は、つまり、同商品自体がそのビジネス色が強い故に、それによる借入件数が多くなったりした際、借換えなどを目的にした「おまとめローン」などのような形でまとめようと考えて、そのお申し込みを借主側である利用者本人が試みても、おまとめによる低金利化を恐れてわざと、借入先である貸主側の金融事業者が、審査を落とすようなケースが少なく無い実態があります。

そうした面でも、おまとめ化自体は金融事業者側にとっては低金利化という、高金利での収益が得られなくなる事態を招く不利益がある面があります。

そして、それを理由にわざと、そのための審査通過をさせない、お申し込みをさせない、などといった事も、珍しくは無い理由が理解出来ます。

金利収益のためのビジネス色が強い、フリーローンの商品ですので、これのおまとめローンの審査が通らない以上のような事情があります。

保証会社が同じ商品では、おまとめローンの審査が落ちがちである実態

これも実際に、金融調査会社などによって報告をされている事でもあります。

ローン商品を扱う会社や事業者が別ではあっても、その保証会社が同じである場合、おまとめローンの審査が落ちやすいといった事も、珍しくはありません。

あくまでアンケート調査での統計学上からの結果になりますが、このようなデータも報告をされたりしていますので、あながち嘘とは言えないようなところもあります。

おまとめローンのサービスを利用する人間が増えると、多くの件数を抱えてる多重債務者が支払う返済額による金利分の収益が減る事があります。

そうした事情から、同じ保証会社が扱う商品がひとまとまりになると、扱い金融事業者だけでは無くて、商品の保証会社なども、収益が減る事になります。

このような理由で、保証会社が提携先である金融事業者に対して、審査通過をさせないように要請をする事も否定が出来ない場合もあります。

おまとめローンの審査がどうしても通らない場合

特にこうした場合には、高金利である貸付利率の高さのある商品件数が多い場合には、調停などの依頼を弁護士や司法書士の専門家である先生方へして、債務整理を早めのうちにする事が大変お勧めです。

もう既に、何らかの形で事業をされたりしている方の場合には、ケースによっては大変深刻な将来においての事態も想定がされます。

そのため、なるだけ早めにやっておく事には越した事はありません。

あるいは、債務整理の代わりに、地元の自治体や政策金融公庫、金融機関などが扱う、低金利で利用が可能な融資商品などへ切り替えたりしていく方法もあります。

その点を考えて、一度は、それらのところの窓口へ相談をしたりしてみる事も、大いに意義があります。

ただ、こうしたこれらのところの場合、審査面において厳しいところがやはりあります。

それでも自治体などの場合には、信頼出来る地元議員の方などへ相談をしたりしてみる事も、お勧めなところがあります。

ローンの商品の利用自体を止めたい場合

ローン商品の利用そのものを、借主である利用者本人が止めたい場合でのケースになります。

こうしたケースでは、そのローン種類での債務が残ったままの状態ですので、それ自体を法的に消していく必要性があります。

何らかの形での保証人の方がいない場合、破産手続開始決定の申し立てを裁判所へ行い、自己破産を行う事も可能です。

こうした面でも、大いに、こうした制度を利用していく手もあります。

一方、保証人がいる場合で、その方へ迷惑を掛けたりしたくは無いような場合、先程もお話した法律の専門家である先生へ依頼をした形での調停・仲裁などを行う事が、とても重要です。

そのまま自己破産をしたりした場合、当然、債務の返済請求が保証人の方へ行く形になります。

そのような事態にならないためにも、調停や仲裁の形が、やはりベストです。

まとめ

今回の記事ないようでは、おまとめローン利用のための、お申し込みを断られる事が多いケースの実態や、それに関する全般的な内容について触れた流れになります。

それでもやはり、こうした借換えの形でのおまとめローンのサービスとかが無ければ、返済面で困る方が多くなる社会的な事態も、大いに考えられます。

こうした点を踏まえながら、これからの同商品に関して如何に考えていくか、そうした姿勢がとても大事です。