キャッシングやカードローンを申し込んで、審査が通るまでは緊張するものですね。しかし、いざ審査に通っても、利用限度額が少なく設定されてしまい、がっかりした人も多いことと思います。

たいていは希望額より低いことがほとんどです。これは申込者の信用情報や個人情報をベースにして、利用限度額は設定されるので、初回は数万円から50万円以下までが一般的です。

お金が必要だから申し込んでいるのに、利用できる額が少ないと、立てていた予定がくるってしまい困ってしまいますね。

なんとか、増枠する方法はないのでしょうか。いい方法があったら、試してみたいですよね。

そこで、今回はキャッシングの利用限度枠をアップしていくコツや方法をお話していきたいと思います。

限度額を増やすには絶対必要な条件とは?

キャッシングの使用限度枠を増やすには、大きく分けて二つの条件、「利用実績」と「信用実績」が重要になってきます。

これは、カード会社に対して、自分は信頼できる人物だと認めさせていくことを目指していくことになります。

まず第一に「利用実績」についてですが、各社それぞれ少しずつ違う基準にはなりますが、大体共通しているのは、初回の借り入れから返済を延滞していないことが重要基準になります。

すぐには必要ないけれど、いざというときのためにカードローンを申し込みした方で増枠をしたい方は、一度キャッシングをしてすぐに返済をしてみることを試してみてください。数日中以内に返済すれば、金利も数十円でしょうし、試してみる価値ありです。一定期間中に確実に返済して、積み重ねていく実績が大変大事になり必要となってきます。

実績を残せたな、とおもったら増枠の申請をしてみましょう。その時にローンカード会社から、資金の利用目的を聞かれることもあります。あやふやにならないように、答えをしっかりと考えておくと、慌てないで済みます。きちんと誠実に答えることも信用に繋がります。

審査までの期間ですが、早くて即日から1週間程度をみておけばいいでしょう。メールか電話で連絡が来ます。審査結果を待つ間はドキドキしますね。また、数か月の実績で、ラッキーなことにカード会社のほうから、増枠の案内のメールが届くこともあります。その場合は、まず審査に落ちることはないでしょう。

あなたの実績を会社がいいほうに判断してくれた結果ですから、せっかくですので、ありがたく増枠の申し込みをしておいて損はありません。いつお金が必要になってくるのか、わかりませんから。

ただし50万円以上のキャッシング枠になる場合は、新たに収入証明書の提出を求められることがあります。向こうから増枠の案内がきたとしても、必要書類の有無などの確認は、しておいたほうがよさそうです。提出しなければならない書類を知り、あらかじめ用意しておくと、スピーディーに審査が進むことは間違いないです。

二番目に、「信用情報」についてですが、あなたのカード情報は、信用情報機関というところで一括管理をされています。カード会社はここに問い合わせることによって、申込者の信用情報を調べているのです。

あなたにお聞きします。他社からも借り入れをしているでしょうか?他社からも借りた合計借入額を計算してみてください。年収の3分の1以上は、借り入れできないところがほとんどとなっています。また、3社以上から借り入れしている場合も増枠の審査は厳しくなります。

最後にもう一つお聞きします。以前、借り入れが滞って金融事故はおこしていませんか?

長期延滞と言われる、2〜3か月の返済延滞も記録に残ります。カードが停止されたことがあるという方はいないでしょうか。

過去に金融事故をがあった場合には5年から10年は記録が残ってしまい、増枠は難しいでしょう。その期間が終わるのを、実績をコツコツとあげながら待つことになるでしょう。

長くカードを保持するためにも、返せる額だけを借りるようにしたいですね。増枠のいいポイントとして、キャッシング限度額が100万円以上になると、金利が下がります。実際に借りなくても、枠がそれだけあればお得になるのです。持っているだけで、安心できますね。

まとめ

ここまで読んで、キャッシングの増枠は、決して難しくない、ということがおわかりいただけたかと思います。

一枚目のローンカードの時は、増枠の申請が通りやすい傾向にあるようです。

もうすでに何枚かローンカードを持っている場合や金融事故がある場合は、利用実績を上げていくことに集中した方がいいですね。

カードローンは、持っているといざお金が必要になったときに安心につながり便利なものとなります。しかし、返済能力以上に借りてしまうと、大変危険なものになります。

増枠できたとしても、自分が毎月返済できる額を考え借り入れをし、返済延滞は起こさないようにしていきましょう。ローンカードを上手に利用していきたいですね。