おまとめローンの審査が通りやすい銀行なんてありません!


銀行それぞれに審査基準の違いはあるものの、審査が通りやすいという銀行はありません!

そもそも「おまとめローン」というのは既に何社からも借金をして返済が苦しくなった人が申し込むという前提があります。つまり審査は最初から不利なんです。喜んで貸す銀行はありません。普通のカードローンに比べれば審査は厳しいはずです。

ただ、「おまとめローン」というのは前向きなローンという見方もあります。何社からも借り入れしている借金をまとめて返済負担を減らし、完済に向けてやり直そうという気合いが見れます。そういう態度がきちんと銀行に伝わればより相手も人ですから親身になって融資の審査をしてくれるのではないでしょうか?

それと、銀行の中にはそもそも「おまとめローン」での融資をしていないところもあります。そういった銀行にわざわざ申し込むのは時間の無駄ですから事前に調べてから申し込んだ方がいいでしょう。このサイトで紹介している銀行は「おまとめローン」の利用が可能な銀行です。

また、申込みの時はかならず「おまとめローン」であることを銀行に伝えましょう。以外と忘れる人がいるのですが、「おまとめローン」での利用目的を伝えないと「他社でいっぱい借りてるのに、更に借りようとしている」という人としか思われません。そうなると審査内容も全然違いますし通る物も通らないなんてことにもなります。

それに、おまとめローンを受け付けていない銀行に申し込んで断られるというのを繰り返すと個人信用情報に記録が残りますから、他行での審査に影響してきます。いわゆる申込みブラックの状態になる可能性もあります。
だから、事前にどの銀行に申し込むかを吟味してから申込みしましょう。

どの銀行におまとめローンを申し込めばいか分からない人のために、おまとめローンや借り換えを受け付けている銀行を下記にご紹介します。


おまとめローンを受け付けているオススメの銀行


金額が小さければ消費者金融も

金額が少なければ別の消費者金融で借りておまとめすることも選択肢として有りでしょう。更に、消費者金融には、通常のフリーローンとは別に「貸金業法に基づくおまとめローン」が用意されていることもあります。「貸金業法に基づくおまとめローン」は消費者金融で借りた借金をまとめるという用途にしか使えませんが、今の借入先に代理で返済をしてくれるので、使い込む心配がありません。本気で完済を目指す人にお薦めです。

カードが無くてもスマホでATMが使える

プロミス

キャッシング 08 125*125
公式サイト
最短1時間融資も可能!30日間無利息サービス!


おまとめローンご希望の方は、WEBから申込後にオペレーターに相談してください。おまとめ専用なので他社借り入れがあっても気軽に相談できます。ただし、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通にWEBからフリーキャッシングを申し込み他社に一気に返済してしまうのが一番早いです。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。

※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

⇒ 公式サイトはこちら

融資限度額 金利 即日審査 即日融資
最高 500万円 年4.5% ~ 17.8%
平日の14時までにWEB契約完了が必要

融資限度額 最高 500万円
金利 年4.5% ~ 17.8%
即日審査
即日融資
平日の14時までにWEB契約完了が必要

モビット


公式サイト
消費者金融の中では金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!


モビットにはおまとめローンという商品はありませんが、消費者金融の中では金利が低く限度額も高い(金利 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても便利です。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(※1)のでプライバシーが守られます。当日振込(※2)も可能なので急いでるときも頼りになります!まずは10秒簡易審査から!

※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

⇒ 公式サイトはこちら

融資限度額 金利 即日審査 即日融資
最高 800万円 年3.0% ~ 18.0%
14:50迄の振込手続完了が必要(審査結果によっては不可)

融資限度額 最高 800万円
金利 年3.0% ~ 18.0%
即日審査
即日融資
14:50迄の振込手続完了が必要(審査結果によっては不可)

アコム


公式サイト
融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!


アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

⇒ 公式サイトはこちら

融資限度額 金利 即日審査 即日融資
最高 800万円 年3.0% ~ 18.0%
平日の14時までに審査完了することが条件

融資限度額 最高 800万円
金利 年3.0% ~ 18.0%
即日審査
即日融資
平日の14時までに審査完了することが条件

アイフル


公式サイト
審査は最短30分!即日融資も可能!


アイフルは使途自由なカードローンなので、おまとめローンとしても利用可能。金利も比較的低く(4.5%~18.0%)、融資限度額は最高500万円とおまとめ借り換えに余裕です。最短30分で審査結果が分かるのは業界でも最短クラスです。30日間利息0円だからはじめての人にも安心!まずはWEBから「1秒診断」が便利です。申込はネットで完結し申込当日の振込による融資も可能(※1)です。

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

⇒ 公式サイトはこちら

融資限度額 金利 即日審査 即日融資
最高 500万円 年4.5% ~ 18.0%

融資限度額 最高 500万円
金利 年4.5% ~ 18.0%
即日審査
即日融資


おまとめローン申込みでの注意点

他社利用件数を少なく申告しない

他社利用件数が多いと審査に通りにくいと思って少なく申告してはいけません。嘘をついても個人信用情報機関を調べれば分かってしまいます。それに、おまとめローンですから、他社利用があって当然です。正直に申告して、すべておまとめローンで借り換えてきれいに整理する、1本化して生活を立て直したいんだという熱意を融資担当者に使えましょう。その方が好印象ですし、相手も人となりをみますから印象も審査に影響してきます。

年収を多めに申告しない

年収は年齢や勤務先、職種、勤続年数などにより世間一般の常識的は把握されています。そのため、極端に高い年収は疑われます。また、収入証明書や所得証明、源泉徴収票などの提出を求められるとすぐにバレます。年収は正直に申告しましょう。

必要以上のお金を借りない

借入金額は少ない方が審査は通りやすいです。不必要に大きな限度額を希望しない方が審査はスムーズです。おまとめローンは、他社の債務を1本化するのが目的ですから、全部の借金を返済できる金額か、それが無理なら何社かの借金を1本化できるだけの金額を希望金額にしましょう。必要以上の金額を借りようとして審査に落とされるよりは、率直に借りれる金額を相談してみましょう。きちんと返済していけば信用が付いて次に借りるときは増額可能になるかもしれません。

勤務先は正直に書く

以前勤めていた会社の方が信用度が高そうだからといって、まだ勤めていると嘘をついてしまう人がいます。しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、そんな嘘はすぐに分かってしまいます。虚偽の申告をするとまず審査で落とされると考えましょう。ただ、無職ではお金は貸してくれないと思います。まずは仕事を探して安定収入を得るようにしましょう。


銀行だけじゃない、消費者金融のおまとめローン

消費者金融はおまとめローンという商品を別に用意してあるのでまだ借りた事の無い消費者金融に他社の借金を一本化したいということで申込みするものです。消費者金融のおまとめローンは「貸金業法に基づくおまとめローン」といい、総量規制の上限は関係なく「おまとめ」して「完済」することに専念するためのおまとめローンです。

ですから、いま借りている分以上に借りることはできませんし、完済するまで追加融資も受けられません。融資はおまとめをする他社の消費者金融に直接振り込まれるので自分の手元を一度通過することはありません。だから、おまとめローンとして使おうと思っていたがいちど自分の目の前に現金があったらうっかり他のことに使ってしまったなんて心配がなく、心の弱い人でも完済を目指す事が出来ます。

ただ、この「貸金業法に基づくおまとめローン」は、返済対象が他社の「消費者金融」の債務だけということです。クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠、銀行ローン、信販系のローンはおまとめできませんので注意が必要です。銀行のおまとめローンは、そういった制約がない分、使い勝手は消費者金融より良いです。


貸金業法に基づくおまとめローンについて、ネットから申し込めるのは「プロミス」だけと言われています。プロミスのおまとめローンについてまとめたサイトがあるので参考にして下さい。

⇒ http://プロミスおまとめローン.biz/



オリックス銀行 金利 初めてオリックス銀行カードローンを利用される方、オリックス銀行カードローンについて知りたい必見!主に他社との金利比較しながらその特徴を解説します。 オリックス銀行カードローンなら、あなたの経済負担を大きく軽減することが出来るかもしれませんよ。
借金 おまとめローン おまとめローンは、金利を下げて返済を楽にできる確実な方法です。しかし、おまとめローンで借金を完済するためには、どこのおまとめローンを利用するのかが大切です。今までの借金生活から抜け出すために必要なおまとめローンの選び方と注意点をまとめてあります。
おまとめローン 銀行系 銀行系おまとめローンへの借り換えの方法、そのメリットを紹介。「金利支払いを減らしたい」、「返済を一本化して手間を減したい」、そんな思いから銀行系のおまとめローンを利用した方の事例についても掲載。借金に依存する体質を抜け出し、効果的に返済を行っていく為のプランを一緒に考えていきましょう。

このページの先頭へ